弁理士に転職するためには?

弁理士とは産業財産等を扱う業務につく国家資格のことを指します。
これはすなわち、業務が必ず知的財産管理に関わることを意味します。
実際、転職サイトなどを見てみても、弁理士の転職はイコールで知財管理業務への転職だと扱われています。
大手から中小メーカー、ソフト開発会社などこういった分野での信頼できるスタッフを必要としている企業が数多く存在しているということでもあります。
転職先としては、メーカーの知財管理部に所属するというパターン、特許事務所・法律事務所で特許事務員として就職するパターン、研究開発ベンチャー・産学連携企業などで特許に関するスタッフとして勤務するパターンなどが考えられます。
ちなみに弁護士資格保持者は弁理士の資格も含んでいます。
事務系資格取る!仕事に有利なのは?【通信講座スクール人気ランキング】